スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羊毛手芸でお役立ち本の紹介

2010.11.01 *Mon
bobbinは羊毛をまったくの独学で進めています。最初はマスコットの本のかわいさに惹かれてはじめたのですが、実際やってみると、テクニック的に知っていたほうがいいことがあったり、羊毛の扱いにコツがあったりして、試行錯誤を繰り返していました。

そんな中で出会った羊毛のテクニック解説の本。
羊毛には針で刺すほかにも、お湯を使ったり、石鹸を使ったりするテクニックがあります。私がするのはニードルフェルトですが、それもニードルを使うときの羊毛の巻き方、針のさし方などのコツが丁寧に説明されていて、しかもテクニックごとにまとめられていて、自分が知りたいことを探しやすかったのです。

それぞれのテクニックの基礎をちゃんと説明してくれているこの本に出会って、すごく作業がしやくすくなり、仕上がりもきれいになって、感激しました。そして羊毛のことをもっと好きになっちゃいました。

なのでその本をご紹介します。

羊毛フェルトテクニックブック
です。




解説も、センスの良い写真と細かい手順が見やすく説明されていて、とっても判りやすいのです。
作品例もかわいくて素敵です。マスコットやポーチなど作ってみたくなるものが色々なテクニックごとに紹介されています。





本とは関係ないのですが、ちょっと気になっていること。

石鹸を使うフェルト化(なぜ石鹸を使うのか)について

石鹸を使う羊毛のフェルト化は羊毛の表面のウロコ状のたんぱく質を石鹸のアルカリ成分が溶かして開き、乾くとその広がったウロコが初期状態よりも縮んで閉じる特性(石鹸でウールのセーターを洗うと縮んでしまうアレです。ある程度年齢が上の方のほうが経験があるかも?)を使って、繊維同士を絡ませるものです。

羊毛のすべりを良くするのを主目的に石鹸を使うのではないのですが、石鹸を使うことで副次的に羊毛のすべりが良くなります。時々、石鹸を使うのは羊毛のすべりを良くするためという説明を目にすることがあるのでそれではちょっと不正確で気になるなーと思い解説してみました。
スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

ぼびんbobbin

Author:ぼびんbobbin
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



ユーザータグ



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
80840位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
手芸・ハンドクラフト
17979位
アクセスランキングを見る>>



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
Copyright © 羊毛日記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。